最近のトラックバック

« 神の道化スカルボ讃 | トップページ | もうひとりのwith Diaghilev賛 »

2016年7月18日 (月)

奈良ゆみ ソプラノリサイタル 「月明かりの幻想」 2016.8.30 その3

8月30日の<奈良ゆみ ソプラノリサイタル>
で歌われる松平頼則「いにしへの日は」(2001) に関する
当ブログの記事を紹介します。


818dfo6jl_aa1500_



<2001年2月12日>から

3e Mvtが書けるかどうか現時点では
わかりません。
詩を待っています。
(編者注/3e Mvtは、「ピアノ協奏曲第3番」の第3楽章。詩は、後の書簡に出てくる奈良ゆみ氏が選んだ詩。<2001年5月28日>に出てくる三好達治『いにしへの日は』が選ばれた。

<2001年2月21日>から
Poémeはこれから考えます。
 私にとって新しいGenreなので。
とても美しい!


<2001年3月17日>から
丁度 Faxを書こうとしていた所です。
三好達治の詩 どうでしょうか?
 お気に入ったか?  或はダメか?
心配しています。

C0050810_2171452




<2001年4月1日>から

 私に果たして5月があるだろうか?
夜毎の排尿前のいたみはひどくなりました。
“死ぬかと思った”と私が泌尿科のdocteurにいったら
笑っています。痛み止めの薬をくれましたが
全然効果はありません。

 Mr.Takejimaのいうには数字的に見て
危険な状況ではないから(糖尿病の状態は
必ず数字的に現れる)排尿の時の痛みは
ガマンしろということだろうと。

 三好達治の詩 途中までで止っています。
これは完成させます。
 では又

(編者注/三好達治の詩 は、奈良ゆみ氏から送られた三好達治の詩『いにしへの日は』に曲をつける )。

Yumiの歯 心配しています。
でも 生きることに対する強いOptimisme
明るい自信は大したものです。
天与の恵み(めぐみ)があるのですね。
才能、考え方、そして美しく生れた肉体。
Je t’aime et je t’adore !!
Toujours ton
Yoritsuné

(編者注/奈良ゆみ氏はこの頃、歯痛に苦しんでいた。以前にもにも自らの不調にもかかわらず、そのことを気遣う言葉があった。
Optimismeは楽観性。楽天性。
Je t’aime et je t’adore !! Toujours tonYoritsuné は、
私はあなたを愛し、私はあなたを崇拝する !! いつも あなたの頼則)。


Aaa


<2001年5月28日>

Chère Yumi
調子がよくないので、三好達治の詩
清書せずに草稿で送りました。
読みにくいでしょう。
今日Print- centerに清書してもらって
送ります。
気付いた点はリズムの構成です。
3が重点です。そしてその加え算の9も。
                5          4
例えば ♪♪♪♪♪|♪♪♩| = 9
        いにしへの 日は

♪♪♪|♪♪♪|♩♪| = 9
ながき  は る ひを

その他
Je t’aime
Ton Yoritsuné

(編者注/Chère Yumiは、かわいいゆみ。
Print- centerは、プリントセンター。
Je t’aime Ton Yoritsunéは、愛しています。あなたの頼則。


Tatsuji


三好達治1900-1964は日本を代表する詩人のひとり。CD『声の幽韻 松平頼則作品集Ⅲ ALM / ALCDに94に収められている《いにしへの日は》2001が該当曲。奈良ゆみ氏の解説を引用する。
「この無伴奏の声の為の曲は奈良ゆみが詩を選び、2001年の5月に作曲された。今までになかった(古今集、南部民謡など初期の作品以来)一シラブルに一音をつけるという書き方で、その後、同年8月には同じ書法で『百人一首』が書き上げられた。
『また新しい書法を見つけたよ!』(松平頼則のメモより)」(奈良ゆみ)

いにしへの日は   三好達治
いにしへの日はなつかしや
すがの根のながき春日を
野にいでてげんげつませし
ははそはの母もその子も
そこばくの夢をゆめみし
ひとの世の暮るるにはやく
もろともにけふの日はかく
つつましく膝をならべて
あともなき夢のうつつを
うつうつとかたるにあかぬ
春の日をひと日旅ゆき
ゆくりなき汽車のまどべゆ
そこここにもゆるげんげ田
くれなゐのいろをあはれと
眼にむかへことにはいへど
もろともにいざおりたちて
その花をつままくときは
とことはにすぎさりにけり
ははそはのははもそのこも
はるののにあそぶあそびを
ふたたびはせず)。



(編者注/それではまた、次回更新時に)。



« 神の道化スカルボ讃 | トップページ | もうひとりのwith Diaghilev賛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399324/66565010

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良ゆみ ソプラノリサイタル 「月明かりの幻想」 2016.8.30 その3:

« 神の道化スカルボ讃 | トップページ | もうひとりのwith Diaghilev賛 »

twitter

  • twitter
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ