最近のトラックバック

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その48

後奏 その1 大田黒元雄のピアノ

大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』を進めるにあたって、大田黒元雄の著書や訳書を京阪神の古書店に求め、同時に彼について書かれたものをさんざん探しましたが、ただひとつ簡にして要を得た文章は青柳いづみこさんの「青柳いづみこMERDE!日記」でした。同氏のオフィシャルサイトのなかの「2007年11月5日/大田黒元雄のピアノ」がそれですが、文中に出てくる野村光一氏らの本をも併せて読めたのは青柳さんの一文のお蔭です。


「11月4日、秋晴れのすがすがしい日に、いにしえの音楽評論家、大田黒元雄(1893~1979)が所蔵していた1900年製のスタンウェイを弾く機会に恵まれた。
  タイトルは「大田黒元雄の足跡を追って」。大田黒が大正4年から6年(1915~17)まで大森(現代の大田区山王)の自宅を開放して開いていたサロンコンサートについて紹介し、とりあげられた曲目からドビュッシーを中心に演奏するという企画だ。」という書き出しから青柳さんは語り始めます。


現在は大田黒公園となっている大田黒元雄の旧邸には、「日本庭園に面した数寄屋造りの茶室、土間つきの休憩所、木造の洋館などがある。杉並区はこの洋館を大田黒記念館となづけ、15坪の洋間をレコードコンサートの会場などに使用している」。


1344022505

P5b198236


P2b198224

「私には個人的な思い出がある。
  祖父の青柳瑞穂は上野の図書館でフランス語の講師をつとめていたことがあり、教え子の中に野村光一夫人がいらした。野村光一は長く日本ショパン協会の会長をつとめ、音楽家の登竜門であるNHK・毎日新聞主宰の日本音楽コンクールの創設にかか わり、毎日新聞で長く音楽批評を書くなど、1988年に93歳で亡くなるまで楽壇の重鎮として君臨した人物だ。
  祖父と野村光一は奥様を通して親しくなり、慶応義塾の応援歌「丘の上」(早慶戦で慶応が勝ったときだけ歌う。今年は斉藤裕樹君のおかげで歌いそこねたけれど)の作詞を依頼されたときも、野村光一の紹介で菅原明朗に作曲を依頼している。


「 私はよく野村から、大田黒さんというのはちょっと変わった人で、鬱蒼たる森の奥のものすごい豪邸に住んでいる・・・門をはいってから玄関に行きつくまでに5分ぐらいかかる。でも、訪ねて行っても居留守を使われることが多い・・・というような話をきかされていたものだ。
  それから芸大の大学院に進んで修士課程で論文を書くことになったとき、図書館で大田黒の『ドビュッシー』(第一書房)という伝記を読んだ。デュラン社のドビュッシーの楽譜を模した表紙の簡素で美しい本で、情報じたいはもう古くなっていたのだが、日本で最初にドビュッシーを紹介した本ということもあって宝物のように読んだことをおぼえている」。


そして、大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』についての評価を記されます。

「 大田黒はこの書について、音楽評論家や研究者が必ず参考にするグローブ音楽辞典など持っていなかったし、丸善に行っても音楽書など置いていなかった時代で、ロンドンであまり紹介されていなかったラヴェルについては手薄になったと謙遜している。しかし、当時の日本はドイツ音楽一辺倒で、ムソルグスキー(1839~1881)はじめロシア5人組の名前すら誰も知らなかったのだから、近代音楽並びにその作曲家を紹介したこの書は画期的だった。


  1915年といったらドビュッシーはまだ生きていて最後の創作の夏を過ごし、ピアノのための『12の練習曲』など傑作を書いた年である。シェーンベルクは41歳、完全に無調で書かれた『月に憑かれたピエロ』を発表してまだ3年。彼の代名詞になる12音技法への過渡期にあたる時期から、とんでもなく先もの買いだ。戦後平凡社音楽辞典の編集・執筆に加わった二見考平は「日本の楽壇に処女地を開拓するものだ」と称賛している。


  タイトルひとつとっても大田黒のセンスがうかがわれる。バッハもシェーンベルクもモティーフを隙間なく組み合わせた緊密な寄せ木細工のような作風という意味で共通点がある。そういえば、大田黒の所有していたピアノも寄せ木細工づくりだ」。


63e579c3e7b9777ab8ae615d4faa5934_2


「 さて、この書が刊行されたときのショックを野村光一はこんな風に語っている。
  『表題のバッハは誰でも知っているが、シェーンベルヒなる者は嘗て耳にしたことがない。バッハと同時代の音楽家なのだろうか?(シェーンベルクは1874年生れです)。ちっともわからない。もしこれが後者に属するのなら、この著者は最近の西洋楽壇の事情に余程精通している芸術家かあるいは学者に相違ない』

  ところで、それからすぐに野村光一はその『大田黒氏』にでくわすのである。
  銀座の山野楽器(当時の松本楽器)にピアノを買いに行った野村光一(当時20歳)の前に、中折れ帽を斜めにかぶり、釣り鐘マントを着て象牙のステッキをついたハイカラな青年紳士が姿をあらわす。その紳士は店頭に飾ってあった唯一のスタンウェイのグランドに歩み寄るや、次から次と暗譜でショパンはじめさまざまな楽曲を弾きはじめたので、野村は度肝を抜かれてしまう。お店の人の紹介で、その紳士が『大田黒氏』だったことを知り、やがて大森の邸宅に遊びに行くことになる。


  6畳間にアップライトのピアノが置かれ、その上にはおびただしい楽譜が積まれていたが、その表紙のカラフルなことに驚いたと野村は回想している。そこで野村ははじめてドビュッシーやラヴェルらのフランス楽派、スクリャービンやムソルグスキー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキーなどのロシア楽派を知ることになる。重ねて言うが、1915年当時、ストラヴィンスキーは『春の祭典』を発表してパリ楽壇にセンセーションを呼び起こしてまだ2年しかたっていないのである。


  大森の大田黒邸は野村光一はじめ若い音楽青年の溜まり場になった。堀内敬三とその義兄にあたる二見考平、野村の中学の同級生だった菅原明朗。
  のちにラジオ番組「音楽の泉」の解説者として有名になった堀内敬三は18歳、府立中学を卒業したばかりでまだ学生服を着ていたという。のちの作曲家菅原もまだ川端龍子(やはり大森在住)の画学校に通い、藤島武二に師事する画学生だった。野村も慶応の文科の学生。二見は帝大の文科を卒業して中学のリーダーの先生をしていた」。

後半は次回に。

2012年8月10日 (金)

大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その47

余聞 ニジンスキーを見た日本人に大田黒元雄もいた その6


音楽評論家・大田黒元雄は、1912年(明治45年)に渡英し、ロンドン大学で約2年間にわたって経済学を修める傍ら、音楽会や劇場に通い詰めて本場の芸術に親しみました。1914年(大正3年)7月に帰国。再び英国へ戻るつもりでしたが第一次大戦勃発のため日本にとどまりました。


ロンドンにもディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)は公演にやってきました。大田黒元雄がニジンスキーを見たのは1914年3月2日と同じく5日の二夜です。その時の感想を記した文章があります。初出は『音楽生活二十年』の「わが一九一四年」の一節ですが、それを採録した『音楽読本』(第一書房刊、昭和15年6月15日第三刷)から引用します。

前回からの続きです。


Nijinskyn3


「夜、再びパレスにニジンスキイを観る。

『妖精』の最後のノクタアンに、多くの妖精が一人舞い、二人舞い、三人舞いして、遂にそのすべてが影のように旋転するところは物悲しい夢のようだ。薄暗い月光に包まれた樹も土もまるで水の中のような感じがする。


ジョフレイ・ウィットワアスという人はショパンの音楽が天鵞絨(ビロード)のような暖かさだから、この舞踊に適していないとその新著の中に書いているが、今度用いられているのはモオリス・ラヴェルのオーケストレエトしたもので、ワルツやマズルカなどにしても極めて冷たい感じがすると思う。ノクタアンにしてもそうだ。実際、暖かい感じのするものなどは一つも用いられていない。


Nijinsky_collage3

緑と白の部屋、薄紫の月影の射す中に踊る乙女と薔薇の精とは、ゴオチエの詩の最上の表現だろう。

ニジンスキイがどうしてパレスに出るようになったのかは知らない。けれどいずれにせよ、煙草の煙の濛々(もうもう)としたミュウジック・ホオルに彼のような芸術家の現われるということは気の毒の至りだ。ミュウジック・ホオルの見物の半数は、彼の舞踊とラッグタイムの踊りとに対して同様の見方から拍手するのだから。


でも、ニジンスキイの芸術はミュウジック・ホオルの空気を一変するだけの力を持っている。彼の芸術はたしかに時間と空間を人に忘れさせる。

何といっても珍しい芸術家だ。(1914年3月5日)」


Nin8

上の画像の右がニジンスキー。中央がバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の主宰者ディアギレフです。

『妖精』とは『シルフィード』として知られているもので、振付けはフォーキン。ショパンのピアノ曲数曲を管弦楽に編曲した音楽です。初演時(1909年)にはグラズノフが編曲した「軍隊ポロネーズ」「夜想曲ヘ長調」「マズルカ作品50-3」「タランテラ」に「ワルツ嬰ハ短調」を加えての5曲の構成。

現在は「前奏曲イ長調」「夜想曲変イ長調」「ワルツ変ト長調」「マズルカ作品33-2」「マズルカ作品67-3」「ワルツ嬰ハ短調」「華麗なる大円舞曲」で、ロイ・ダグラスの編曲したものが使われていて、カラヤンはじめ多くの指揮者がレコード、CDに録音しています。

大田黒元雄が観た1914年3月5日の編曲者は、モーリス・ラヴェルでした。これは聴いたことがないので大いに興味があります。編曲という行為はまことに興味が尽きません。音色を一変させてしまったラヴェルの魔法!
それではまた、次回更新時に。

2012年8月 5日 (日)

大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その46

余聞 ニジンスキーを見た日本人に大田黒元雄もいた その5

音楽評論家・大田黒元雄は、1912年(明治45年)に渡英し、ロンドン大学で約2年間にわたって経済学を修める傍ら、音楽会や劇場に通い詰めて本場の芸術に親しみました。1914年(大正3年)7月に帰国。再び英国へ戻るつもりでしたが第一次大戦勃発のため日本にとどまりました。


ロンドンにもディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)は公演にやってきました。大田黒元雄がニジンスキーを見たのは1914年3月2日と同じく5日の二夜です。その時の感想を記した文章があります。初出は『音楽生活二十年』の「わが一九一四年」の一節ですが、それを採録した『音楽読本』(第一書房刊、昭和15年6月15日第三刷)から引用します。

Br0016_enlarge

ニジンスキイ

 夜、ニジンスキイの初日をパレスに観る。『妖精』と『薔薇の精』とだ。
 ニジンスキイは実際ワンダフルだ。彼の驚くべき技巧はその天分と相俟って彼の芸術を作り上げている。彼の身体は羽根のようだ。彼が如何に振舞っても、その形は芸術を離れない。彼が或いは跳躍する時、或いは回転する時の各瞬間の形を影絵として見たならば、それらは必ずどれも立派な絵となるに相違ない。


 蒼い月光に包まれたポプラの樹の間に寂しく舞う妖精の群は水のような冷たい静けさに人の心を惹き入れる。また月光の射し入る部屋に夢のように踊り狂う薔薇の精は優しくも美しい。あのウェエバアのワルツの終わると共に身を翻して戸外に飛び去ったニジンスキイの姿は忘れがたいものだ。


 『ブラヴオ』の声に、凄まじい喝采が長く続いた。ニジンスキイは幾たび幕の前にあらわれたかわからない。しかも彼は幕の前で挨拶する時、子供らしい嬌羞を帯びている。それはまったく舞台の上の彼とは別人の感を与える。(一九一四年三月二日)」


Imagesd


Nijinsky2


バレエ・リュスの演目のひとつ『薔薇の精』は踊り手にニジンスキーを得て、1911年の初演以来たびたび上演されてきた「当り狂言」でした。音楽はウェーバーの『舞踏への勧誘』。振付けはフォーキン。指揮はチェレプニン。舞台装置と衣装はバクストです。

後半は、また次回更新時に。


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

twitter

  • twitter
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ