最近のトラックバック

« 臨時ニュース 告知3点 | トップページ | 大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その2 »

2011年3月 3日 (木)

大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その1

まず口絵。

外装はこの通りです。背表紙の文字もオリジナルなのか、所有者の手書きなのか判然としません。
前項に掲げた再販予告では「古典派の巨人バッハから未来派の新人シェーンベルヒ」という文字が見えましたが、シェーンベルクが「未来派の新人」だった頃に書かれていまに生き残った本は、この通りの「古書」です。


Img023

ハードカヴァーの扉をめくると白紙一枚挟んで、本のタイトル。著者名、版元。所有者の蔵書印が押されています。

Img234


献辞。

Img010_b


そして、奥付。

Img229


今夜はここまでにします。本の中身については、次回の更新のときに。

« 臨時ニュース 告知3点 | トップページ | 大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399324/39094366

この記事へのトラックバック一覧です: 大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その1:

« 臨時ニュース 告知3点 | トップページ | 大田黒元雄著『バッハよりシェーンベルヒ』 その2 »

twitter

  • twitter
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ